メリーメリー

21日夕方、ヘルシンキセンター主催のヘルシンキからリアルタイムzoom、拝受いたしました。クリスマスの風景というタイトルでしたが、気温が低く充電がどんどん落ちるということで、1時間の半分は車内で充電しながらフィンランドのクリスマスの過ごし方についてのお話でした。クリスマスの日にはご飯を食べる前にサウナに入り、食事後は本をプレゼントしあい、各々その本の読書タイムになると話されていて、個を大事にするフィンランドらしいなと感服しました。

私はほぼ毎日昼間、NHK第二のラジオを聴いてます。テキストはないので、いろんな言語の講座は、言葉の習得にはほとんど結びついてませんが、文化や風習の話が聞けて面白いです。今の時期はクリスマスの過ごし方の話も多いですが、ヨーロッパの国々では静かに過ごすときいて、なんとなくどんちんちゃんなイメージの日本のクリスマスよりお正月に近い雰囲気かなと思いました。宗教行事なんですね。ヘルシンキもひとけない広場に飾りもない巨大なツリーがあり、港近くの野外マーケットも年の瀬のアメ横的な雰囲気でした。

その日は朝11時でマイナス11度。寒い。けど明るい。オシャレなイメージのヘルシンキでも冬季はしっかりアウトドアスタイルで、テントの下でピンメリや靴下やクリスマスのお菓子を売ってました。サウナは日本でもブームみたいですね。私もサウナ入って、ピンメリ作りたくなりました。

その港にはプール付きサウナも観覧車もあります。そこのサウナも観覧車も私は体験してないけど、その風景だけでうれしくなった思い出。そしたら、そのクリスマスな港のマーケットには、メリーゴーランドもあったんです!たぶんこれは、可動式?クリスマスバージョンかな。街中にメリーゴーランドっていいよね。モンマルトルの地下鉄駅の前にもあったなあ。あれは常設かな。

メリーゴーランドは、幼稚園の頃、遠足?で行った遊園地で、係の人に乗せてと言えなくて、みんなが乗った高い位置て動く馬に乗れず、低い位置で上下しない小さな馬にしか乗れなかった悲しい記憶があります。

なかなかいろんなことが話せないコでした。じつは今もです。。

PC画面なので虹がかってます。いいでしょ!

いつか乗りたいなあ。

よいクリスマスをお過ごしください🎄

 

 

フィンランドの森を歩く

しとしと冷たい雨の東京です。
こんな天気の日はとくに
去年歩いたフィンランド の森を思い出す。
ヌクーシオ国立公園。
観光地としても有名な場所です。

でもしっかり森だと聞いたので
絶対行ってみたいと思ってた。
ヘルシンキ5日滞在予定が
直前にオーロラを見たくなり
ラップランドに出たので、
森へ行ける日はこの日しかなくなってしまった。
曇天の日曜日。

電車に乗り、バスに揺られ、
森の入り口とおおぼしき山道を入る。
国立公園だというのに
のっけからワイルドだった。
いきなりひとり遠く北欧の森へ突入。

静寂。
大きな鳥が横切る気配。
ふくろうだった?みたいなツバサ感。
ドキドキする。
けれどもすぐにワクワクに変わり、
そしてひとりぼっちなのに
ちっともさびしくない。
森に包まれている感じ。
空気はひんやりなのに
あったかい感じ。
ふしぎな体験だった。
森が人間を歓迎してる。
そんな感じがした。

湿地の中をいく。
森だけど湿地。
そのままある木々が水が美しい。
いやなものが何一つない世界。

公園なので道しるべがある。
それもちっともぎょうぎょしくなくさりげなく。
木のところにある
青白のシマの四角いやつ。
それがコースの印。
長さで3種類ある。
とガイドブックで見て知っていた。
この先にある公園事務所で地図をもらえるはず。
それを見て歩けばいいと思っていた。
ところが。
今日は日曜日。
公園事務所はお休みだった。
フィンランド は土日はなんでも休みになる。
公園まで!
でももう歩き始めてしまったから仕方ない。
確か黄色が初級者コースだったよね。
と思いながら歩き始める。

映画のロケとにもなった湖があらわれた。
すてきすてき。
曇り空にもいい感じ。

いい感じ!

どんどんハイテンションになって歩き続ける。

途中バーベキューしてる人たちもいた。
ベリーの季節には
取り放題!って聞いてたけど
もう一個もなかった。

けど
楽しかった!

少なくても途中までは。

歩き出して1時間くらい?
ポツポツ雨が降り出した。
でも私はすぐ終わる初級者コース。
さっさと行こう。
と歩くうち。
ざあざあ降りになってきた。

道しるべ通りに歩いていたら、
湖がいつの間にか終わり、
すれ違う人もいなくなる。
雨はどんどんひどくなる。
天気予報ではもう少しもつはずだったのに。
でも進むしかなかった。

道しるべ通りに歩いてきたのに
森ではない風景が出てきた。
秋吉台?みたいな岩ゴツゴツ地帯。
アップダウンもある。
でも進むっきゃなかった。
雨はますます激しくなる。

また森に入り、
とにかく四角い標をみっけては
どんどん歩く。
かなり必死になってきた。
Google マップを開けたくても
雨がひどくて開けられない。
開けられる場所に出ても
圏外になってる。

ヤバい。。急がなきゃ。
時間はまだ早いけど、
このまま日没になったら、
間違いなく凍死する。
と思ったら、恐怖のどん底になった。

ひたすら先に見えるしるべを探す。
ない‥と思って心細くなる頃に、
あらわれる。
とにかくあそこへ。
とまた、その次の標を追う。

また秋吉台になる。
ヤバい。
迷ってる?のか?
同じ場所、グルグルしてる?

初級者コースは、輪を描くコースで、
また出発のインフォメーションオフィスに戻るはずだった。
でも事務所らしきものは全く見当たらない。
とにかく秋吉台を転げそうになりながら
進む。

 

と、

向こうからリュックを背負った白人の女の人が
ひとり歩いて来た。
インフォメーションオフィスを聞く。
わからない、と言われ、焦る。
でもこの先に、地図がある、バス停もあるという。
キートス!と言って別れる。

よかった。
言われた通りに行くと、
また心細くなりそうになるあたり、
地図の看板があった。
でも見てみても、自分の場所からどう帰れるのか、
全くわからず。
でも近くにバス停、あるっぽい。
地図通りに行くと、大きな道に出た。
屋根のあるバス停だった。
よかった!

と行く先と時刻表を見ると、
駅に行くバスが、ある!
1時間に一本のが、あと30分くらいで!

本当にくる?

雨だれのバス停でひとり静かに待っていると、
スパニッシュ系と思しきカップルがあらわれる。
すっごい寒い雨ん中。
でも無事帰れそうな安堵感。

このとき
全ての恐れは
全て心の中にあるということを
森からおそわった。

あとから気づいたけど、
初級者コースと思ってしるべは
上級者コースで最長だった。
その途中にバス停がある‥ということを
そういえば前に読んでいて
その景色は
スマホの写真にも入ってたのだった。

つまり何にも迷ってなんかいなかった。
けれど
知らない風景、予想外の景色に
一瞬にしておそれモードに入り込んでたのだった。

それは日本に帰ってからも
日常そして人生の中ではよくあることで
でも

ちょっと先の小さなしるべを頼りにとりあえずそこまで歩く。
するとまたちょっと先に小さなあかりのようなしるべが必ずある。
必ずあるからみっけてとりあえずそこまで。
と進む。
そうして恐れず歩いていけばいいこと。。。
なのである。

まるで自然のまんまのようで
きちんと迷わないように最低限の人の手が入っている
フィンランドの国立公園のあり方にも感動した。

これはつい去年の10月末のこと。
すごく遠くのようで、
でもいつでもとなりにある。
そんな出来事をムネに
この一年は歩いてこれた。

かみさまのしわざはよくできてる。

たぶん、きっと、
これからも。

 

 

ベリーベリー

6月頃、近所のコンビニには、
地元産の2種のベリーが出ていました、
元酒屋のこのコンビニには、
朝採れ野菜も、
隣の造園のお花も、
冬にはたま自慢の酒粕も並ぶ、
ちょっと道の駅的なコンビニ(^^)

で、2種のベリーは、
ブルーベリーとブラックベリー。
ブルーベリーはいまだに並んでるけど、
ブラックベリーはこの時期だけだったな。
酸っぱくて、で濃厚ベリー野生種なお味。
ヨーグルトと、少しハチミツかけて。

フィンランド を思い出す!
フィンランド の国立公園では、
歩きながら、ベリー勝手に取り放題なんだそう。
昨秋、私が行った時には、
もう寒くて、森にはベリーはなかったけれど。
今度行けたら、絶対やりたい、
ベリー歩き食べ。

でもホテルの朝食では、
ベリー食べ放題でしたよ!

マリメッコのカフェでも
ベリーケーキ
食べたなあ。

フィンランド 行きは、
去年の夏の終わりに、
突然決めた旅でした。
去年はフィンランドと日本の
国交100周年ということもあり、
いろんなお話を聞く機会が
あったこともあるけど、
でも、何か、
今行かないと、
一生行けないかも、
と駆り立てられるような気がして。

それは、予想外な形で
大正解な一年後で💧

あのとき、すごく親身になって、
不安なひとり初北欧旅立ちに
「いいですね〜」と
エールを送ってくれた H.I.Sのお兄さんに
言われた言葉が今も嬉しく思い出す。
それは、出立1週間前に、突然、
オーロラ見に行ってみると言い出して。
ヘルシンキからの飛行機をとってもらったとき。
「持ってる人だと思うので、きっと見れますよ!」

何をそう思ったのか、
私のことを「持ってる人」と言ってくれたのが、
なんだかうれしかった。
でも、
旅のプロに背中押されたけれど、
オーロラは見れなかった。

帰ってきてから、数日経って、
用事もないのに突然電話が来た。
『オーロラ、どうでした?」って。
うれしい返事ができす、でも
ラップランドまで行けて、
本当によかったと言ったけれど、
何かで急いでいたので、
簡単な答えしかできなかったのが、
ちょっと心のこり。
とはいえ、わざわざ連絡するまでもないし、
またいつか旅に出る時、
話せたらいいなと思っていたけれど。

またそんな日が来たらいいなあ。