博物館の夜

昨年末、それも明日大晦日みたいな日に
京都文化博物館別館での
「博物館の夜」
寺尾紗穂×原田郁子
対バンピアノライブのことを
知り、チケット残りわずかの文字に、
前日まで遠出しているという点で
一瞬迷ったけど、
でも行かないとあの世に行っても
後悔するに違いないと直感で思い、
決めてしまった。

帰ってきてから、この場所は
明治から1965年まで銀行として
使われていたということを知る。
1965年!つまり、私の生まれた年。
それも不思議な感じだ。
そして祖母が働いていた京大病院とは
徒歩30分くらい。
一度くらいは来たことあったのか、
まめに使う場所であったのかは
もう確かめようもないが、
そっか、おばあちゃんに
呼ばれたんだなとなんとなく腑に落ちた。
寺尾さんの誕生日は、偶然にも
私の息子の誕生日と
そして
戦死した祖父の命日と同じ日だった。

もうすでに長いが、
全部話すと何日もかかりそうだし
説明になるだけで
本質は何も伝わらない気がするので
まとめると

このライブで
ふたりは見えない人々のことを話題にし
一緒におどるように
ピアノはうたっていた。
この古くて美しい空間に
目には見えないものの
優しい気が満ち満ちて
喜びの空間になるのが
体感できた。

どんな日常も
見えていることより
見えていないことの方が広く深いのは
当たり前なのだけれど
なかなか気付けず日々が過ぎていく。
でも
あれからは
見えないものへも
もっと語りかけ
いきとしきいけるものと
見えないものも
喜びに溢れる世界になったらいいのにと
考える
というか
感じるようになった。

あれから、
沖縄栄町ひめゆりホールの屋上から録音された音が入っている
郁子ちゃんのアルバム「いま」に浸っていて、
イメージが広がり、
日々、救われています。

寺尾さんは文章も素晴らしい。

昨年はたくさんの女性の方の作品に
勇気をもたった一年だったけど、
年明けからうれしい出会いが連続の
音霊の旅だった。

見える人たち
見えない人たち
ありがとう。

ひかり

昨日今日と昇り始めのおひさまの光が、斜め東向きの窓に入るようになった。しかも赤い光。光は等しく無色なはずなのに、なんでかな。

先日は朝のドアのすきまから漏れる光が虹色になっていた。朝イチのおひさまの光の強さのせいと思われたけど、分光するものは見当たらない。

おひさまの昇る位置と光の強さが冬の終わりに近づいていることを教えてくれてるのは確かかな。晩夏というけれど、晩冬とはあまり言わないね。

そして、私も少しずつ早起きになってきたこの頃。

はつうま

昨日は初午だったので、近所の稲荷神社の奥の院がどうなってるか見に行ったら、なんといつもは閉まっている本堂の扉が、全開してお堂の中の鏡が光っていた。脇には見張り番の方がいらして、氏子でもない私は奥の院にはすすめなかったが、爽快なオープンざドア❗️に遭遇できて、ちょっといいきぶん。

写真は、初午ではなく、1/15京都下鴨神社でふるまっていただいた小豆粥。寒かったので、テントの下、ほふほふしながら食べた。美味しかったな。下鴨神社は、京都の中での恵方だときいて、このあたりの出町柳や叡電にも乗りたくて、ついでな気分で寄ってみたら、偶然にも年に一度のその日て、雅楽生演奏の神事にも遭遇。これで厄は落ちたぞよと思ってる。

行く道の鴨川の橋のふもとに、白鷺の中に一羽だけ、アオサギを発見。お参りして、お粥食べて戻ってきても、まだ同じポーズでそこにいた。気づいたらビンボーになってしまったし、今年の旅はこれでおしまいかもだけど、愛すべきアオサギにも会えたし、おかげですっきりと、制作に打ち込めてます!

初午翌日の今朝はたぶん初めて?ポリーが夢に来てくれた。7歳から高3まで飼っていた九官鳥のポリー(名前はロッキーチャックの相方から。初代ロッキーは一年で逃げた。さすがロッキー)

で、ポリーを抱いて、ぬくもりや羽根の感触もある夢だった。少し飛んでもいた(羽根を切ってあるので、元々遠くへは飛べない。今思うとかわいそうだったけど。当時のペット屋さんではふつうなことだった)ポリーが飛ぶのを見て、筋肉、落ちてなかったんだね、よかったねと話しかけた。ポリーもあれから歳をとった設定?というより、箱にずっとしまわれていた、夢の中ではそんな設定だったと思う。

ポリーが来てくれて、すごくうれしい。あー近くにいてくれたんだね、やっぱりと目覚めてすぐに思ったような。

ポリーが死んでしまう前の1週間、黒い小さな影みたいなものを毎日見た。それは視界の隅で、気のせいかと思っていたら、旅立った。たぶんあれはお知らせだったんだろう。良いことも含め、そんなお知らせ的なことは今はよくあるけれど、たぶんそれは人生初の虫の知らせ。

夢占いで鳥の夢を検索すると、黒い鳥は悪い知らせとあるが、ポリーだから違う。絶対違う。それははっきり思える。

いつもここにいるよと言いに来てくれて、ありがとね。ポリー。

 

上半期のうれしい予定がいろいろ決まっています。後ほどお知らせしますね。

 

白い世界

東京、雪、降りました。机の前の窓の向こうに見えるこの電柱と電線が帆船みたいで好きですが、昨日は雪降る中を出航してました。風向きか、窓の中のこちらに雪が飛んでくるように見え、面白く、午前中慌てて隣町の画材屋に行き、帰りはノー傘でみぞれ混じりの雨にあったばかりで、部屋の中にいるのがホッとしてたせいもあり、すぐには外に出ずにいました。それにこの数日、こまかい仕事に翻弄されてて、始めたら身動きしづらく、中断できず、チラチラ窓を見上げながら、京都での音霊を反芻するよな雪景色の気配に、なんか、しあわせだなとかみしめながら、明るいうちにできるだけと作業に没頭してるうち、

あたりはすっかり暗くなっていました。ときどき、どさっどさっと屋根の雪が落ちる音。果たしてどのくらい積もったか、雪かきしたほがいいのかなと、暗くなってようやく表に出てみた。

けっこうな雪の世界。何かのジャケみたいに、いつもの道路が雰囲気ありありな世界に。軽く雪かきのあと、せっかくなので、作ってみた。目鼻はなんでしょう?初めての試み。

最初、雪だるまの目の石を探したけれど、雪だらけで見つからず。でも解けてもゴミにならない?ものでと、苦肉の策。しかし、すぐに

屋根雪がドサッと来て、鼻は飛んだもよう。

フィンランドで北極線を越えたとき、ひと通りの装備を用意したので、このくらいの雪なら濡れずに遊べる。…とさらに夜には降り続くなか、26歳♀とスキージャンプごっこをしたりして遊んだ。あー楽しかった!(^^)

 

ちりん

天井から低めに吊るしたコレが、頭がさわるたび、ちりんと音をたてる。コトリ工房ヤンバルクイナと吉祥寺美術館で絶賛開催中のチェコ在住絵本作家の出久根育さん展でゲットしたアクリルキーホルダー、真鍮のコトリ。アクリルが真鍮に当たり、黄色い鈴の音みたいな澄んだいい音がするたびに、浄化されるよな気持ちよさ。最近いろいろ片付けしたときに、置いとくより、吊るせばいいじゃん?ともともとあったヤンバルクイナに仲間が増えた。なんだか楽しそうなのもいい。

りんごを一箱いただき、りんご大好きな私はめっちゃうれしい。生のまま、厚めにスライスしたのを今日はサワークリーム塗ったカンパーニュにのせて、シナモンかけて食べた。りんごの爽やかな甘みが沁みるうれしいランチ。

ちょっと外に出たら、木の芽がぐんぐん大きくなっていた。気づいたら2月1日。だからというわけではないが、元旦以来に公園の中の富士浅間神社にお参りしたら、お供えのお酒が増えていた。よく見たら、格子は手が入るくらいの隙間だった。訪れる人はひとりじゃないんだ。さらに、この広場的公園の端に、小さな小山があることに気づく。わざと盛られたというより、残っちゃった的な無造作な小山。これはもしかすると、昔、社がここにあった跡では?かとひとり推測。尋ねるたびに発見があるのはうれしい。正解がわからないのもいい。丸バツ、当落ばかりの世の中で、こぼれてしまうよなとこに、楽しみを見つけたいな。